副業 解禁 企業

副業してもOKの会社も増えてきたし(トヨタでも終身雇用の保証はできないとか)、今は独立起業よりも副業の時代なのかも。

だって副業解禁が、一部上場の大手企業で過半数超えですよ。

会社をクビになっても良いぐらい副業で稼げるようになっていると、働くストレスも少なくなりそうだし、生活が充実する人が増えて日本はもっと良くなる気がする。

副業 バイト おすすめ

時間や日にちの自由のきくコンビニのバイトは、

もうちょっと収入を増やしたい。
と思った時の副業としておすすめだったり。

※ただし睡眠時間や体力を削らないといけない状況の場合は、おすすめできない。

副業 確定申告 経費

会社員が副業で稼ぐ場合は、経費をしっかり計上して自分で確定申告しましょう!

ただし利益が20万を超えない限り、確定申告の必要ないです。

※利益=売上ー経費

副業 確定申告 住民税

副業していることが会社にバレないようにするには、住民税を自分で払うように確定申告すればバレません。

確定申告の時に「住民税を別々に払う」にチェックを入れて提出すればOKです。

副業がバレるのは、会社が払う住民税が増えるからなんですねー。

副業 確定申告 金額

副業で稼いだ金額が20万以下なら確定申告の必要はない。

ということはよく言われていますが、非課税という意味ではありません。

他に確定申告すべき事由があるのに(医療費控除などで確定申告する際など)、20万円以下の所得を確定申告しなければ所得税の脱税となるので注意!